髪の毛って紫外線で脱色するの?

紫外線の影響を髪は受けています

紫外線が直接、髪の色を退色するわけではなく
髪の表面を保護しているキューティクルに攻撃をします。

その影響で、髪の色が退色しやすくなるケースが多いんです。

詳しくお話ししていきますね!

【参照にしたサイト】
全身脱毛サロンおすすめランキングです。

※管理人さんありがとう!

髪を染めてもすぐ退色しませんか?

髪の毛ってケラチンというたんぱく質でできています。

そして、髪の色はメラニン色素の種類と量で決まるんです。

ヘアカラーは擬似メラニン

そんなんです。日本人はもともと黒色の髪ですよね!

その黒色のメラニン色素を、
髪の周りをキューティクルが守っているので、
黒色の髪の色がキープできているんです。

キューティクルが無くなると退色する

そうなんです。

本来の黒髪でも、
毛先が痛むとちょっと茶色っぽくなりませんか?

あれって、キューティクルの隙間から
本来持っている黒色のメラニン色素が抜け出ているんです。

どーすればいいの?

やはりトリートメントなどで髪の毛を保護する必要があります。

壊れたキューティクルは治りません。

ですが、補修することは可能です。

特にヘアカラーをしている場合は、
髪の表面を覆ているキューティクルの
損傷が激しい可能性があります。

ですので、ヘアカラーしてもすぐに
退色してしまう場合があるんです。

紫外線対策

やはり、髪の保護です。

トリートメントは内部浸透型がほとんどです。

ですので、
表面を保護するタイプのトリートメントも必要です。

紫外線対策に適しているのは
洗い流さないトリートメントが1番でしょう!!